北海道滝川市江部乙町東12丁目13番16号
  
お知らせ
事業団リンゴの森でのリンゴ栽培

滝川市社会福祉事業団リンゴの森では、つがる、ひめかみ、ふじなど

13品種のリンゴの木、140本を栽培しています。

 

今年(H30年)は大雪で、リンゴの枝を折ってしまわないよう枝の掘り出し作業をしています。

mori1

かんじきを履いて掘り出し作業

mori2 mori3

 

H29年春、リンゴの花のあとには沢山の実が着きます。間引き作業を「みつみ」と言います。

mori4

ハサミで余分な実を切り落とします。

mori5 mori6

 

昔ながらのリンゴの袋掛けも行いました。

mori10

下草刈り

mori11 mori12

 

リンゴの夏季剪定、これをすると来年の花芽ができてきます。

mori7

このころにはすでに花芽ができています。

mori8 mori9

 

リンゴを赤く色づかせるため、周りの葉を取る「はもぎ」を行います。

mori13

一番早い「さんさ」の収穫作業

mori14 mori15

 

あさひリンゴは収穫後に色づかせることもできます。

mori16

裏側にも日を当てて真っ赤に色づけます。

mori17 mori18

収穫期には各施設から大勢の利用者の方々がリンゴ狩りを楽しみにやってきます。

事業団全施設でのリンゴ狩りのほか各施設の給食にも使ってもらっています。

Copyright(C) Takikawashi syakaifukushi jigyoudan. All rights reserved.